kanata | 叶多プランニング
「東北地方のクラフト作家応援」展 - kanata | 叶多プランニングこの北海道に暮らしたい!をより多くの人に感じていただきたい。 単に企画・デザイン・プロデュースにとどまることなく、100年先の北海道の活性化を、未来ある子らの心地よい暮らしを願い、根気強く、多くの人々との交流をもとに、みんなで「つくる」「つなぐ」喜びを実践して参ります。
お問い合わせ 事業内容 TOP


「東北地方のクラフト作家応援」展

kanataゆかりの作家さんやその周りの方々から、3月11日に発生した東日本大震災の被災を受けられたクラフト作家さんたちの話しを伺い、一日も早い復旧復興と作家活動を願い、微力ながら行動に移していきたいと思い、今回、大通ビッセ2階「ユイク」様にも会場提供をお願いし、お借りして2会場で(大通ビッセ2階ユイクと当kanata art shop)、被害を受けられた作家さんの今後の活動に役立てていただけるように作品を展示販売します。陶芸、ガラス、布、革、金属など、約8名の作家の作品が集います。


作家さんたちの声
●宮城県柴田郡の「雅堂窯ガドウガマ」は、全長18メートルの備前式穴窯で、赤松の割り木を燃料に約4日間焼成して作る焼き締め作陶する。古くから伝承されるこの技法で自分なりの作風、自分だけの焼き色を求め、焼き締めの魅力を追求していました。しかし、今回の東日本大震災で、大事な窯が損壊しました。窯の解体、再築に時間がかかるため、しばらく休業です。自宅にあった作品を今回売って、再開の足がかりにしたい。

●石巻市の「三輪田窯」は幸い被害は少なかったが、商品を置かせてもらっていたお店が4店とも津波で破壊され、作家自体が地域の消防団となって捜索に参加しています。まだ地域の為に捜索活動や手伝いをしなくてはならないが、今後は自分の作品創作で地域を元気にしていきたい。

●宮城県東松島市で金属工芸をしている本田さんは、3月11日は偶然東京に。東北道も復旧し、やっと3月24日に松島氏市に帰ることができた。東松島は、深刻な津波の被害を受け、街の片付け、避難所の手伝いとやることは、本当にたくさんあると思います。手伝いながら、アトリエを片づけながら、自分は作品を作って町を元気にと思っている。

●福島県双葉郡浪江町に窯を構える亀田大介さんは、震災時はたまたま船橋で個展をしていた。自分の窯も妻の窯も作品も全部壊れた。残った作品は、個展で残った作品だ。連絡も取れなかった妻が生きていてくれただけでも安心した。いまは妻の実家に避難しているが、地元の友人のほとんどが今、まさにあの現場で危険を省みず作業にあたっている。その友人たちをおもうと心が痛い。


みなさん、精神的にもそうとうなダメージを受けながらも、今後、「作品づくりでみんなに元気を伝えたい」と、言っています。
私たちも、作家さんに元気になってもらえるようエールを送りたいと思っています。

○会期:6月25日~7月10日
○会場:1.ユイク
    /中央区大通西3丁目 大通ビッセ2階(10:00~20:00)
    2.kanata art shop
    /大通西5丁目大五ビル6階(月-土 10:00~19:00)


○出品作家
亀田大介(福島県)、亀山英児(宮城県石巻市)、菊田佳代(宮城県気仙沼市)、クマガイカオリ(宮城県仙台市)、黒本雅志(宮城県柴田郡)、StudioRISA 西郷匡史・難波立子(福島県いわき市)、藤原恵(宮城県仙台市)、本田ゆうすけ(宮城県東松島市)

○問/叶多プランニング011-219-3988
kanata art shop
物語のアクセサリー展
kanata art shop
料理が美味しくなる器展